北海道マーケティング総研
第五回・道産ワインと食の企画は上ノ国・ロゼスパークリング

早くも第五回を迎える道産ワインと食のペアリング企画ですが、今回は上ノ国町に新たに設立された上ノ国ワイナリーの記念すべき第一作、ロゼスパークリングを取り上げます。当社ECサイトでの発売は6月30日、このワインを取り上げるオンラインセミナーは8月6日開催予定です。是非、初々しいスパークリングワインを先駆けて味わってみませんか。

第四回はNIKI Hills Wineryを販売

道産ワインと食の企画、第四弾として選ばれたのはNIKI Hills Winery。
ニューワールドワインの旗手として知られるニュージーランド生まれの醸造家、ウィズリントン真理子氏がNIKI Hills Wineryの製法をベースにアレンジを加え、近年その味わいの評価を急速に上げつつあるワイナリーです。氏をお迎えして開催するオンラインセミナーは7月16日開催予定。ご期待ください。

期間限定!めむろワイナリー発売開始

当社と北海道新聞社の企画である、「道産ワインと食のペアリング」企画の第三回目は、2019年設立、新しいながらも注目株として期待を集めている、「めむろワイナリー」を取り上げます。当社のECサイト「北海道ヴィレッジストア」では、めむろワイナリーとじゃがいもやラクレットなどをセットにした商品の特別販売を開始しました。オンラインセミナーとも連動しておりますので、お手元にご用意いただき、ご自宅でゆっくりとセミナーをお楽しみいただくこともできます。

ぜひ、北海道ヴィレッジストアをご覧ください。

「道産ワインと食」(2) 宝水ワイナリー

 北海道新聞紙面との連携企画、道産ワインと食のペアリング企画の第二弾として、宝水ワイナリーをご紹介いたします。宝水ワイナリーは積雪が2mを超えるという、ワインづくりではきわめて稀な環境で、かつて海底であったという岩見沢市・宝水地区のミネラルたっぷりの土壌で育った、この土地ならではのワインを造り続けています。
 こちらにて、ぜひ詳しいご紹介をご覧ください

 今回もオンラインセミナーが開催されます。
 第二回目は、宝水ワイナリーが自信をもってお勧めする「RICCAシャルドネ 2021」・「RICCA 雪の系譜 レンベルガー 2020」と、十勝は湖水地方牧場のチーズとのペアリング。ワインクラスター北海道の代表を務めるの阿部シニアソムリエが、宝水ワイナリーの久保寺取締役醸造責任者、そして元札幌の老舗イタリアンのシェフにして、湖水地方牧場で酪農とチーズを手掛ける「湖水地方ダイニング」の藤井シェフのお二人をお招きして、その魅力を紐解いてくれます。

「道産ワインと食」(1) ふらのワイン

 北海道新聞紙面との連携企画、「道産ワインと食」の第一回目のオンラインセミナーが、いよいよ5月21日にCom Terraceにて開催されます。
 第一回目はふらのワインの誇る「バレルふらの」と、同じ富良野の地に育つJAふらのの「朝もぎグリーンアスパラガス」とのペアリング。ワインクラスター北海道の代表を務めるの阿部シニアシニアソムリエが、ふらのワインの高橋製造課長、そして地元フレンチFurano French「岳」の永易シェフのお二人をお招きして、その魅力を紐解いてくれます。

 近日中、5月中旬に第二回目のご案内を行う予定です。次はどこのワイナリーになるでしょうか? 北海道新聞のチェックをお願いします!

「のまさるイヌリン」国稀酒造にて販売開始!

 イヌリンを豊富に含んだスーパーフード「キクイモ」から抽出したエキスと、北海道の誇る最北端の酒蔵、国稀酒造の酒粕焼酎「泰蔵」から、丁寧に生み出された全く新しいお酒「のまさるイヌリン」。焙煎工程を経たことにより加わった独特の香りが、焼酎とも日本酒とも違った独自の魅力です。
 北海道新聞紙面でのモニター販売で大好評を博したこのお酒が、増毛町の国稀酒造の直売店でもお求めいただけるようになりました。これからよい季節を迎える増毛町にご訪問の際には、ぜひ国稀肖像の直売店にもお立ち寄りください。
 もちろん、当社の直営ECストアでも取り扱い中です。

のまさるイヌリン

北海道ヴィレッジが2022年最初に送り出す新商品が、「のまさるイヌリン」。北広島の畑で無農薬栽培したキクイモと、最北の酒蔵・国稀酒造の酒粕焼酎から生まれたお酒は、今話題の機能性成分イヌリンを含んでいます。ご期待ください!